初デートが割り勘であることに抵抗感を持たない女性が多いです。

MENU

初デートの支払い方法

デートの約束を取り付けることを経て、いよいよ好きな人との初めてのデート。
当日行くべき場所や服装など気になることはたくさんあるものです。

 

その中のひとつに「ごはんなど料金が発生したときに割り勘にするか、おごりにするか」がありますよね。

 

特に男性にとっては気になる事柄のひとつではないでしょうか?
一昔前であれば、デートの料金は全て男性が持つべき、といった風習がありましたが、現在ではどのようになっているのでしょうか?

 

 

実は割り勘が多い

誰しもおごってもらうのは嬉しいものです。
しかし、おごってもらうことで気が引けてしまう人もいるのです。
近年は女性も男性並みに働いており、男性に負けないくらいの収入がある女性もたくさんいます。
そのせいか、「男性と対等でいたい」と考えている女性は多く、デートのときに割り勘で、と考えているものなのです。
全て支払われてしまうと精神的に負担に思ってしまう女性も少なからずいるものなのです。

 

 

それでも格好はつけたい!と思う男性がとるべき男性

とはいえ、初デートくらい格好をつけたい男性が多いのではないのでしょうか?
「割り勘でいい?」と聞くよりは、女性の意見を聞くようにするといいかもしれません。
お会計をするときに財布を出して払おうとしたときに、女性が「割り勘でいいよ」といわれたら、割り勘にするようにしてはどうでしょうか?

割り勘イメージ画像

 

割り勘もあまり細かく計算せず、千円単位の大きい金額だけ割り勘にし、細かいお金は支払うようにしたらよいかもしれません。
また、少し多めに支払ってみるのもよいでしょう。

 

もしも相手が申し訳ない態度をとるようであれば、次は多めに支払ってね、などと次のデートに繋げるようにしてみるとよいでしょう。

 

もし相手が「おごられること」前提だったり、おごってあげても笑顔でお礼を言わない、などといった相手であれば、今後の付き合いを良く考えたほうがいいかもしれません。